諏訪湖と諏訪大社と白樺の“美”をさがして

suwataisya-sirakaba

朝。目が覚めると。なぜだか、目の前が潤んでいる。

空。雲ほほ笑みは、はやく動いている。何かを探している。

suwataisya-sirakaba

初めに着いたのは諏訪湖。

断層湖とも呼ばれるように、地殻の変動によりできた湖で。

揺れからわたしのリズムはとてもはやく、長野へ来る道中も、グングン雲が流れては早送りのように形を変える。

諏訪湖に着くと、それは治まり、少しゆっくりなテンポになった。

suwataisya-sirakaba

今までに包まれている

諏訪大社に向かう。

全国25千もある諏訪神社の総本社。

suwataisya-sirakaba

満月を前に、落ち着いた表情をくれた。

諏訪湖を挟んで南東に本宮・前宮、北に秋宮・春宮と4つあり。

suwataisya-sirakaba

前宮では、与えられていた今までの未来を見つめた。

suwataisya-sirakaba

今を愛する

suwataisya-sirakaba

そこから脳のように道楽、白樺の森へ。

忘れていたものがココにある。

肩のチカラが勝手に抜けて、呼吸を感じる。振動し、全身から音が楽る。

suwataisya-sirakaba

私の天の川であり、月である。

ゆるしている。そして、賛えている。私がわたしを。

それにしても

「い。」で終わると癒されるな。

 

心は空だ。ない。という意味だ。

理想も現実もなく、あるのは空想。

わたしの中心には心空想がある。

suwataisya-sirakaba

美。が潤んでいる。私の感動は常に、美にある。

感奉謝賛