カラダマネージャーが信州に行くと何を感じるのか

suwataisya-sirakaba

夕暮れ時、目覚めると
自分の姿があらわになる。そんな感じがする。

suwataisya-sirakaba

長野といえば、お蕎麦!
ということで、、お蕎麦屋さんに二軒も行ってきた。

その中の一軒が、その名も
「みゆき」w

suwataisya-sirakaba

スナックとか、商店街とか、お店の名前に割と多いんですね。

中に通されると
おばあちゃん家を思い出す。

 

寝れる。。途端にそう思った。

suwataisya-sirakaba

「みゆき」さんのお店の隣りには自分のそば畑があって、自分の畑で取れた蕎麦だけを使用しているんです。

山麓に湧出する湧き水を濾過した水を使用してしるので、冷たい水で引きしまった蕎麦はツヤツヤ。

やや甘めのつゆに浸けて食べると、繊細な蕎麦の香りが広がって、思わず笑みが出て、なんとも言えない幸せを感じることができます。

感激です!

suwataisya-sirakaba

名物「シナノユキマスのから揚げ」も、食べたらやみつきになります。なんとも美しい味で、カラッと揚がった皮の旨味、雑味のないホクホクの身、そして骨まで柔らかく頭から尻尾まで美味しくいただきました。

五感で味わったわたし。すべてが私の身になり、誰かの身になる。

そして、若干、眠る。。

転がっても許されるような空間(違うかもしれんけど)でしたw

【信州蕎麦】隠れた名店みゆき

suwataisya-sirakaba

長野は日本のどこよりも景色が充実していた。

空の高さとはやさ。
水の潤い。
光の交差。
木の色。
乾いた気。

suwataisya-sirakaba

ありがとう。