公園と撮影と私と

kosugamiyuki

こんにちわ。コスガミユキです。

今日は撮影でした。

雨上がりの晴天の中、訪れた公園は上坂部西公園(尼崎市年緑化植物園)。

初めて来たけれど、ここはとても気持ちよくて。

バラの中歩いたり

ベンチでパン食べたり

竹やぶで本読んだり

水飲み場で水飲んだり

水路の水に触れたり

木と会話したり、、

濃い時間を新緑の空間で過ごしました。

そんな中で橋を渡る写真のスズメが愛らしい姿♡

偶然撮影できたとカメラマンさんが早急に写真をくれましたので載せますね。

まず、1枚目。

写真中央に二羽のスズメあり。

kosugamiyuki

2枚目の写真。

kosugamiyuki

写真奥のスズメが翼を広げてるー!

kosugamiyuki

翼を広げたスズメは写真右側に飛んでったー!

kosugamiyuki

5枚目。

もう一羽のスズメも飛び立つ。

kosugamiyuki

6枚目。

飛び立ったスズメは私の前を通り過ぎ、

kosugamiyuki

思わずスズメに目がいきまして、

kosugamiyuki

8枚目。

表情の通りでございます。

kosugamiyuki

お!スズメが戻ってきたのか3羽目なのか。

kosugamiyuki

スズメよびっくりさせてごめんね。

kosugamiyuki

感想をプロデューサーに聞くと

懐かしい詩を思いだしたらしい。

『雀のかあさん』金子みすゞ

子どもが子雀つかまえた。

その子のかあさん笑つてた。

雀のかあさんそれみてた。

お屋根で鳴かずにそれ見てた。

一行目は子供が主体で子雀が対象で観察者している。

二行目は自分自身が主体で母さんが対象で観察している。

三行目は自身が主体となって自分が対象となって観察している。

四行目は自分が主体となって自身が対象となり観察している。

どの行にも自分も自身も相手もあるが何が主体で何が対象にあるのかを観察するとおもしろいと思う。

ということみたい。

カメラマンさんもプロデューサーもスタッフもあらゆる考え方や意思があって。

そんなん引っくるめて融け合うもんを先頭きってつくってく。

知らないことを学ぼうともしないで、誰かが世界をつくってくれるのは自分以外のこと。

自分以外は思い通りにはならんけど、自身は思い通りになるのは間違いない。

自分はもういるからさ。自身はわたし、あなたがつくるんやで。

今日も邁進。音が聞こえなくなるまで、感動しふるえ続ける。

 

 

他にもたくさんの写真を撮影していただきました。

記事にしたり

SNSを更新したりするのでぜチェックしてくださいね。