変形性膝関節症 膝の痛みを我慢しないで

JR尼崎 整体 骨盤 膝 ストレッチhealthy

こんにちは。みゆきです。

 

フィットネス整体カラダラボのメンバーさんもそうですが、

中高年になると、膝の痛みを訴える人が増えてきます。

 

その原因として圧倒的に多いのが「変形性膝関節症」と呼ばれる症状です。

 

放置しておくと、痛みが徐々に増して、日常生活にも不便をきたし、やがて自力歩行が困難になり、介護が必要な状態になることもあります。

 

しかし、自分の体を知る事で、症状を改善させることが可能です。

 

年のせいだからとあきらめず、自分の体を認識する事が何よりも大切です。

 

 

 

 

関節軟骨がすり減って起こる

JR尼崎 整体 膝 骨盤 ストレッチ

膝の関節は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)、そして膝蓋骨(お皿)が組み合わさってできています。

 

大腿骨と脛骨の端は、骨同士がぶつからないように「関節軟骨」で覆われており、骨の間には軟骨の一種である「半月板」というクッション代わりの組織もあります。

 

また、関節の中は「関節液」で満たされていて、関節軟骨に酸素や栄養を補給しています。

 

私たちが日常生活の中で、

歩く、立つ、座るなどの動作をスムーズにできるのは、膝の関節が正常に機能しているからです。

 

しかし、重い体重を膝関節だけで支えながら動きを繰り返すのは、

当たり前ですが膝関節にとっては大きな負担となります。

 

それが長年にわたって続くと、関節軟骨や半月板が次第にすり減って変性が進みます。

 

その過程で、すり減った軟骨のかけらが関節液に混じり、関節包の内側にある滑膜を刺激します。

すると、滑膜に炎症が起こり、痛みを生じます。これが変形性膝関節症です。

 

現在、変形性膝関節症で治療を受けている人は全国で約800万人、

自覚症状の有無にかかわらず、

X線検査の所見で変形性膝関節症と診断される人は2400万人にものぼると言われています。

 

大切なことは、体をどう使うかを知る事です。

自分の体重を動作のたびに膝関節だけで支えていると負担になるのは当然です。

 

 

 

 

気になる膝のチェックポイント

変形性膝関節症は多くの要因が複雑に絡み合って発症します。

 

一般的に女性は、男性に比べて膝関節を支える筋力が弱く、関節が小さいため、膝にかかる負担が大きくなると言われています。

 

実際に、患者数で比べると女性は男性の2倍といわれます。

 

またO脚の人も要注意です。

O脚は膝が外側に反った状態になっているため、関節の内側に偏って体重がかかり、その部分の軟骨がすり減りやすくなります。

 

さらに、肥満、仕事での膝の酷使、激しいスポーツなども膝に過大な負担をかけます。

 

変形性膝関節症の原因は様々ですが、

中高年の女性で肥満、O脚が重なったら特に注意が必要です。

だからこそ自分の体を観察して、どうやって動かすのかを知ることが大切です。

 

膝に少しでも違和感がある方のチェックポイント
  1. 立ち上がったり、歩き始めたときに膝がこわばったり、痛みを感じる
  2. 歩くと痛む、特に階段を上り下りするときに強く痛む
  3. 膝の曲げ伸ばしがつらい

 

「膝が痛むのは年のせい」「多少痛むけれど歩けないほどではない」と先延ばしにしていると、関節の変形や変性がどんどん進んでしまいます。

 

 

 

 

 

最も重要なのは運動療法

変形性膝関節症の病院での治療方法は、

薬物療法や運動療法などの「保存療法」と「手術」があります。

 

どちらを選択するかは進行度やご本人の希望にもよりますが、まずは保存療法を行うのが基本です。

 

薬物療法は痛みを軽減するのが目的です。

 

関節内で炎症が起こると、痛み物質が発生し滑膜が刺激されてさらに炎症が進み、痛みが悪化するという悪循環に陥ります。

 

そこで、非ステロイド抗炎症薬などの鎮痛薬で、こうした流れを断ち切ります。

 

しかし、痛みを軽減するのはあくまでも対症療法です。

 

痛みを起こさせないようにするために重要なのが運動療法です。

運動をすると、膝関節を支える筋肉が鍛えられ、膝がしっかり安定して、関節への負担が減ります。

 

また、膝を動かすことで、血行が促され、関節液中の痛みを起こす物質が血中に吸収されて減っていきます。

 

さらに、運動によって肥満が改善され、膝への負荷が減少します。

 

動くと膝が痛む方は、できるだけ運動したくないというのが本音かもしれません。

 

しかし、筋肉は動かさないでいると、どんどんやせ衰えて萎縮していきます。

また、運動不足の状態が長引くと、腰や股関節など他の部位にも悪影響を及ぼします。

腰の痛みがなかなか取れない人へ【絶対に知っておきたい!カラダの地図】vol.7,8
こんにちは。みゆきです。腰が痛い、ダルい、つらい、しまいには肩も凝って頭も疲れる。足も重い。。腰は[月](からだの中のこと)、[要](かなめ)とが合わさった文字のごとく、体の重要な部分です。厚生労働省「平成 28 年国民生活基礎調査」によると、何らか心身の不調がある人は3600万人以上と発表されています。症状別にみると、男性では「腰痛」が1100万人以上と最も高く、次いで「肩こり」の680万人以上となっています。女性では「肩こり」が1400万人以上と最も高く、次いで「腰痛」1380万人以上となっています。

 

 

 

 

 

長く続けると効果が実感できる

簡単な運動としては、太ももの前側にある大腿四頭筋を鍛えるトレーニング、関節の柔軟性を回復させるストレッチなどが有効です。

 

たとえば、

  1. イスに浅く腰かけて片方の足を伸ばします。
  2. お腹に意識を置いて鼻から息を吸います。
  3. ゆっくりと口から息を吐きながら10cmほどお腹の力で足を持ち上げ5秒間ほど静止してゆっくり下ろします。

 

これを1回とし、2030回を1セットに、1日3セットぐらいを目安に行います。

 

また、ウォーキングは気軽に行えるので、おすすめです。

 

平坦な道を歩くこと自体は膝にかかる負担は比較的軽微ですが、階段や坂道の昇降は負担が大きくなりますから、無理は禁物です。

 

ウォーキングの時間は、最初は15分くらいから始めて、少しずつ時間を延ばしていきましょう。

 

変形性膝関節症になると、動くと痛いので家に閉じこもりがちになりますが、ウォーキングはそれを解消する上でも有効です。

 

筋力トレーニングやウォーキングなどの運動療法の効果は1週間や10日で現れるものではありません。

 

長く続けることで初めて実感できます。

まずは1か月を目標に無理せず継続してみてください。

 

膝の痛みは膝関節の使いすぎによって起こります。

膝関節だけで体を支えるのではなく、自分の体をどうやって使うのかを知る事で膝の痛みは消すことができます。

どんな事でもお気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

くびれと健康がとまらない駅前フィットネススタジオ!

JR尼崎 整体 カラダラボ 健康 美容 予防 フィットネス

営業時間 11:00 – 25:00
不定休

  • 肩や腰がしんどい。
  • 痩せたいのに、なかなか痩せられない。
  • 今よりもキレイになりたい!
  • 年齢のせいかな。と諦めている。
  • 生活習慣病を改善したい!
  • 趣味やスポーツをもっとうまくなりたい。
  • ダイエットが長続きしない!
  • 体の基礎を身に付けたい。
  • 正確で新しい技術を誰よりも早く体験したい。

 

今や、スマートフォンの普及によりインターネットでの健康・美容情報は溢れかえっています。

しかし、その一方でいったいどれだけの人が「ホンモノ」の情報に出会えているのでしょうか。

ひとり1人のお身体の情報は人それぞれ、

だからこそ実際にお会いし、お話をお伺いすることが何よりも大切だと考え、無料でのカウンセリンングをさせていただいています。

 

フィットネス整体caradalabの無料カウンセリングの3つのポイント
①痛みが取れない・かたくなっている原因がわかる!
かたくなっている原因がわからないと、何からすればいいのかわかりませんよね。カラダラボの無料カウンセリングで一緒にほどきながら、かたまっている原因をみつけていきます!
②自分に合った方法がみつかる!
「やり方がわからないからどうしたら良いかわからない…」「いろいろ試したけど改善しない…」今まで悩んできたことがスッキリ解決!無料カウンセリングであなたにぴったりの効率の良い方法がわかります!
③やる気がアップする!
「こんなにやる気になったの初めて!」という方が本当に多いです!無理や我慢ばかりで諦めていた方も、お話を聞いていくうちに、「これからがんばる!」と180度変わることも…!

目の疲れも!辛い肩こりも!10年来の腰の痛みも!必ず取れます!

結局悩むより行った方が早かったとたくさんのお声をいただいています。

諦めかけているあなたへ

毎日の生活は忙しく、また意外にも時間はあるものですよね。

何を優先にするのか。
その順位を改めて振り返ってみてください。
それらはすべてカラダがないとできないことだと思います。

頭でわかっていても中々思うようにはいかないものだ。と、どこかで諦めていませんか?

それは、生活の基礎となる体つくりを第一にしてこなかったからだと私は考えています。

仕事でも学校でも、家庭も趣味も、男女や上下関係も、すべての環境で思うように体を動かすことで、今よりももっともっと楽に、そしてワクワクすることが一つずつ増えてきます。

1人でも多くの方に出会い、自分でカラダをつくれることを知っていただきたい。

“ホンモノの体つくり”を是非リニューアルした尼崎スタジオ『フィットネス整体カラダラボ』へ体感しにきてくださいね。お会いできるのを楽しみにしています。

Miyuki Kosuga

healthy

最後まで読んでいただきありがとうございました。

役に立ったとき、気が向いたときに是非シェアしてください。

よろしくお願いします。

この記事をシェアする
kosugamiyuki.COM

アーカイブ