距骨 2つの整え方とボディラインの関係

kosugamiyuki

コスガミユキがお届けする大人気の「距骨」。

今回は「距骨」第三弾です。

まずは距骨と全身の機能、そして動かし方についてお話していきます。

1回目、2回目ともにご好評いただきありがとうございます。

続きが読みたいというお言葉をいただき感謝します。

前回は、

距骨が動きにくくなった理由が、骨盤の中心である仙骨の影響だということをお話しました。

詳しくはこちらから↓↓↓

【距骨で健康に】あなたは距骨を無視できない。

 

実は、距骨は痛みなどの症状は出にくく、どんな状態なのかもわかりにくい

人体は、歪みや動きの制限があれば、全身に影響を及ぼします。

踵(かかと)の骨を地面につけているのは二足歩行ならではです。ご存知の通り四足歩行の動物は指だけで地面に接地しています。距骨は内と外のくるぶしに挟まれていて、体重をのせると踵の骨の上で挟まれる形になります。

だから動く時は若干踵を浮かせれば足首って凄く使いやすいんです。昔の日本のわらじや下駄は踵を出して良くできていますね!

 

仙骨の角度の影響

骨盤の骨の中心である仙骨が後ろに傾くと、下腹が出るようになり、体重は踵にかかります。

すると距骨の位置は前方に歪みやすくなり、足首を直角にすることが難しく、腰や肩に負担がかかってきます。もちろん内臓も地球の中心に向かってゆくのはご存知の通りです。(お弁当を縦に置いておくと下にご飯とオカズが寄ってしまう的な学生時代あるあるの想像で)

はいはい。とお腹をかきながら、この記事を読んでいるあなたも

距骨の歪みで、膝にも影響が現れます。例えば、膝が曲がり始めるのです。そしてそれが続くと、膝を伸ばしたままで上体を前に倒す前屈を行うとなにがおきるのでしょう。

そう。太ももや膝など脚の裏側がビキーンっとなって「あーーわたし体が固くなった!」と感じると思います。では、膝が普段曲がっていることに気付きましたか?

 

体の硬さは仙骨から始まり、距骨の歪みで起こっている

体が硬いということは柔軟性が低下している状態です。肩や腰、膝などはもちろん、足首の捻挫もしやすくなりますし、辛い外反母趾になることもあります。

さらに、背骨の歪みを引き起こすとことで、上にのっている頭蓋骨にも影響が現れます。例えば、頭の中や背骨の中を流れている脳脊髄液の循環が滞り、頭痛めまい疲れが取れない顔のたるみなどさまざまな症状を引き起こす事にもつながります。

他にも、ボディラインは崩れバストも垂れて、下腹も出て、顔もピップもたるんで外見的にも悲しい状態になるなんてことも。

 

立ち姿勢で距骨の動かし方

まずは立って、両方の踵をつけて、つま先は少し外に向けましょう。

次に、つま先立ちになって左右の内くるぶしがくっついたまま離れないように踵を上に上げていきましょう。

ポイントは恥骨(ズボンのチャックの下くらいにある骨)を股の方に入れ込んでください。

kosugamiyuki

  • 内くるぶしがつきにくい人普段から外体重になっている
  • 内ももプルプル内ももを使わず、股を少し開けて生活している
  • くるぶしをつけようとすると、前屈みになってしまう普段は後ろ体重になっている
  • 続けるとふくらはぎが疲れる普段からお腹に力が入らず、足や肩に力が入っている

距骨の歪みがある状態でも、内くるぶしをつけると正しい軸で足首を使うことができます。

そこで負担に感じたところがあれば、あなたの生活への気づきになると思います。通勤電車の中や信号待ちなど気軽に試してみてくださいね。

 

座って足首を動かしてみましょう

次は座り姿勢での動かし方です。まず脚の内側と親指のラインを一直線にして、曲げ伸ばししてください。自然に距骨が矯正されてゆきます。

kosugamiyuki

歩く時も膝の内側を親ゆびのラインで曲げ伸ばしすることで、距骨の歪みがとれますので、是非試してみてください。

コスガミユキの距骨ワールド。いかがでしたか?

普段意識していないことに、気づいていくことが何より大切です。

あなたも今日から距骨を意識する生活始めてみませんか。

 

コスガミユキの距骨の話

【話題のキーワード】「距骨」で健康に!?

【距骨で健康に】あなたは距骨を無視できない。