ヒップアップ 実は筋肉よりも〇〇が重要

ヒップアップ

こんにちは。コスガミユキです。

今回は、美尻の条件とチェック方法をお話します。

 

前回お話した通り、骨盤の骨に筋肉がつき、その上に脂肪がのります。この骨盤の角度が下を向いていれば、どう頑張ってもお尻が上にあがることはありません

しかし、姿勢を正そうとして、骨盤(お尻)を下に向けたまま、腰椎(腰や背中)を反らせてお尻をあげようとする女性が多いのです。

これは、腰がツライし、持続するのも難しく、姿勢を正していたつもりでも気づいたら猫背になっていた!なんてことになりかねません。

では、腰を反らせずに、しかも鍛えず、どうやってお尻をプリっとさせるのか。

 

前回の記事はこちら

 

そもそも、わたしそんなに腰反らせてたかな?

というか、どんな姿勢になっているのかな?

わからない。。

あなたの、わからない。や、たぶんこうなってる。が、一番のお尻が垂れる理由です

ほんまやで。

わからないものを、どうやって理想の形にするの?手探りで大変!そこでまずは、あなたのお尻がどうなってるかみてみよう!

の前に、常識をほどく一言。

 

背中が丸まっている猫背のような姿勢、ダメだと思っているあなた。

背中はそもそも丸まっているものです。なので、悪い姿勢では全くありません。

 

「え?なんか格好悪くない??」

 

いいえ。

 

それは背中だけ丸まっていれば良いものを、骨盤の角度がままならないまま、丸めてしまうことで、顔が前に出てしまうからなんです。

骨盤の上に頭がのるように構造上なっているからね。

ということは、骨盤の角度が定まることで、美尻だけでなく、背中も綺麗になることができるのです。

 

ヒップアップ

自分でチェックしてみよう!

  1. 床に座り、足の裏を地面につけて膝を曲げて胸お腹と太もも前面をピッタリとくっくけます。(たまにこの時点で苦しいという人がいますが、そんな方はそのままの体勢で続きをお読みください!)
  2. 胸と太ももをピッタリ離さないまま、足の裏の位置も変えることなく、お尻だけを後ろに引いていきます。そうすると、もうここで限界!というところがくると思います。
  3. そこで、足の裏だけ離してかかとをついて続きを行なってください。もちろん、胸やお腹と太ももはピッタリ離さないでね。そうすると、もうここで限界!というところがくると思います。
  4. その時の、あなたの膝は曲がっていますか?

 

そう、脚の裏側が硬かったですね。

つまり、長時間立ったり座ったりする姿勢が続くと骨盤が後傾し、膝が曲がり、その骨盤のままで背骨だけ姿勢を正そうとする。それが、背中の反りです。

 

骨盤の後傾×背中が反る=垂れるし、疲れる。

そうなんです。

 

骨盤が前傾×背中が丸む=ベストアップ!!るんるん!

 

これが美尻の第一歩です!

チェックで膝が曲がっていたから、わたし硬くてダメなんだ、、そんなこと考えていたのなら時間の無駄です。

硬いのが良くない、そんな常識どっかに置いてきてください。

今は、骨盤が後傾(お尻が垂れる方)になってたんだ。今からは、骨盤を前傾(お尻がプリっと上がっている方)させる!

それだけです。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

次回は、

何の頑張りもなく、美尻になる方法をお伝えします。お楽しみにー!