caradamanager

caradalab

5年後には肩こりがなくなる!?JR尼崎でいま大人気のカラダラボの代表が伝えたい鎖骨の話

5年後には肩こりがなくなる!?JR尼崎でいま大人気のカラダラボの代表が伝えたい鎖骨の話 肩こり、腰痛、聞き飽きました。 それ以外の表現方法はないものか。。 10月、11月は首の付け根(首と肩の間)がかたくなっているカラダラボのメンバーさんが、とにかく多く感じました。 「なぜ、こんなにかたくなるの?」 なぜ?という回答に “呼吸がスムーズでなく、うまく動いていないのです” “今までの習慣すべて” などなどお答えしてきた私ですが なぜ? には答えがない。 あなたの頭の中でずーーっと繰り返してきたはず。 なぜ?どうして?どうやったら楽に? 目まぐるしく考えてみては、空虚になり。人に言われたって、正解なのかもわからず。 それが呼吸停止のはじまり。 なぜ?どうして?どうやったら? の思考習慣はなかなか抜けないもので。 肩が楽になったら、どんな自分になってどんなことをしていますか? あなたのそんな理想を是非お聞かせくださいね。 そもそも、呼吸といえば、肺。 肺は息のやりとりだけでなく、取り入れた栄養分を血液を介して全身に流すというのが、メインの役割なのです。 肺は肋骨に包まれ、肋骨の最上部が鎖骨です。 肋骨は前面で胸骨と関節し、後面では背骨と関節しています。 鎖骨も前面は胸骨に関節していますが、その先は肩へ伸び、肩甲骨の先端と関節します。 鎖骨には首の筋肉がつき、 鎖骨と肩甲骨の間、つまり首と肩の間の付け根には神経が通っています。 首や肩の筋肉がかたくなるだけでは、かたくなっただけで辛く痛みを感じることは少ない。 首と肩の間の付け根が、痛い、違和感で居心地が良くない、重くツライ、などを感じている人は、首の神経の炎症をとるように心がけてみましょう。 方法①温める 首の神経は窮屈な状態です。温めることで血行が促進され、神経のピリピリとした緊張がとれます。神経も繊維です。ゆとりのある状態で動くようにしましょう。 温めて痛み出る場合は、熱を持った炎症です。その時は冷えピタや冷湿布などで適度に冷やしてあげましょう。 方法②鎖骨を動かす 首の付け根がツライ時に、肩甲骨を動かすという人がいますが、背中側を動かしても首の痛みはとれません。鎖骨は首と筋肉で繋がり、鎖骨の上の首の付け根には神経繊維の塊があります。 そして、鎖骨は唯一肩甲骨と関節している骨。 鎖骨を動かすことは、脇も締まり、肩甲骨の動きを大きくつけ、首肩の周辺すべてをほぐすことに繋がります。 方法③カラダラボに来る 当たり前ですが、カラダラボに来れば解決すること間違えなし♪ 知ればなんてことないことも、知らなければずっと解決しないことも。 肩こり、腰痛、カラダの悩みの上位にあがるこの2つが5年、10年後にはなくなる。そんなことが、カラダラボから発信できる喜びをあなたと分かち合いたいです。 諦めなくても良い。何歳からでも始められる。 カラダラボのお試し整体。是非体感しにきてくださいね。 無料カウンセリング実施中です。お気軽にお問い合わせください。
caradalab

JR尼崎南口から徒歩1分フィットネス整体カラダラボのインストラクター

こんにちは。 フィットネス整体カラダラボの酒井摩耶です。 世界中で高まり続ける、健康意識。 日本国内でも空前のフィットネスブームの中、たくさんありすぎて溢れる情報に何が正しいんだろうと疑問を持っていました。 私には現在3歳の子どもがいます。 文字通り子育てに追われ自分のことは後回し、生活は子ども中心に考え、それが当たり前なんだと思ってました。 時間があったら…お金があれば…そんな“たられば”の思いを持ちながら、今はこんなもんだろうモヤモヤとやり過ごす日々。 しかし、カラダラボに出会って“自分で自分の体を変えれること”を再発見しました。 私自身、肩こりや腰の痛みなど体の不調はもちろんですが、あまり気にもしていなかった鼻詰まり、肌荒れ、不眠などもみるみる改善されていきました。 今では、家事や育児に追われる感覚はなくなり、日々の生活により意欲が出てくるようになりました。 今、あきらめかけてる人や、モヤモヤしている人にこの感動をお伝えしたい!そんな想いで溢れています。 どんな小さなことでも結構です。
caradalab

産後の骨盤をケアしてこなかったあなたへ。フィットネス整体カラダラボで骨盤を矯正しましょう

仙骨や尾骨(びこつ)の向きって意識したことはありますか? 仙骨とは、脊椎の下部に位置する骨盤のひとつの骨で、人体の中心にあります。 通常5つの椎骨から16~18歳ごろに癒合開始し、多くの場合は34歳までに完全に癒合します。 また、尾骨とは、尾椎(びつい)が結合してできたものであり、仙骨の下にある骨のことです。 ヒトの進化とともにその必要性が薄れ、胎生期に9個ある尾椎はしだいに消失し、最終的には3~5個に減ってしまうものでもあります。 妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンの作用で、尾骨を支えている靭帯が緩んで尾骨が飛び出した格好になり、妊娠中から尾骨部痛を訴える妊婦さんも多いのです。 そして、出産時に、赤ちゃんが骨盤を通るためには、尾骨を押し広げて出てくるので、尾骨は元の位置よりも外に飛び出る形になります。 尾骨周辺の靭帯は引き延ばされ、痛みが増してしまいます。 外に押し広げられた尾骨が元の位置に戻るためには、骨盤を締めるための筋力が必須になります。 そんな骨盤を産後からほったらかしにしているあなた。 産後にほったらかしにした骨盤が、肩こりや腰痛の原因になっているかもしれません。 フィットネス整体カラダラボでは仙骨や尾骨の向きについて意識する運動がたくさんあります。 なぜなら、人体の真ん中に位置する骨盤と、脊椎の一番下にあるその尾骨から頭頂までをつなぐ意識を持つことで、姿勢を自分自身で整えることができるから。 人によっては骨盤をもっとたてる必要があるし、もっとおしりをおろす意識が必要です。 でも自分がどうすればさらに良くなるかは、一人で考えていてもなかなかわかりにくいですよね。 フィットネス整体カラダラボで、仙骨や尾骨の向きを意識することにフォーカスし、ご自身の中心と正しい位置を探しだしましょう。 普段あまり意識することのない仙骨と尾骨に注目することから始めてみませんか。
caradalab

11/17(日)11:00-12:00『フラワーアレンジ~花を通じて心と体の癒しの時間〜』

フィットネス整体カラダラボの“あーと教室”では、月一回フラワーアレンジメントを開催しています。 花と緑は心と体にどんな癒しを与えてくれるのか。 農林水産省の「花のチカラ緑のチカラ」をご紹介します。 教室では、3才~80代の方まで定員8名の少人数制で楽しみながら作品をつくります。 花を通して自分の心と体に気づける癒しの時間。 akikoさんの優しく丁寧な解説で、初めての方でも素敵な作品が出来上がります。 https://kosugamiyuki.com/caradalab-akiko/ カラダラボってどんなところ? カラダラボで何をするところ? そんな疑問をお持ちの方も、お気軽にご参加下さい! 11/17(日)11:00-12:00『フラワーアレンジ~花を通じて心と体の癒しの時間〜』 参加費:ゲスト3,700円(あーと教室価格)
beauty

月が体調に関係する理由!実はそれ月の影響かも

月は新月から始まり、満ちて満月へ、そしてまた欠けて新月へと戻ります。 その周期は29.5日。その間、黄道12星座を一周します。 東洋医学では自然と人は相似関係にあるとして、その2つのつながりを見出してきました。 2000年前に書かれた中国最古の医学書『黄帝内経(こうていだいけい)』にはすでに、「人体も月に影響される」としています。 また、月の満ち欠けは人の無意識にも影響を与えると考えられています。 月のリズムは大きく分けて4つあります。 「新月」「満ちゆく月(上弦の月)」「満月」「欠けゆく月(下弦)」です。 私たちの生活に影響する月の満ち欠けを詳しくみてゆきましょう。 新月 新月は始まりの時です。 何かを新しく始めたり、生活習慣を見直したり、満月に向けて“準備”をするのに最適です。 新月では骨盤は最も締まっている状態です。 また、太陽と月が重なるため、陰と陽が統合され、自分自身と向き合いやすい時期でもあります。 上弦の月 満ちゆく月の時は、吸収力が高まっています。 骨盤は満月に向けて開いてゆき、体は栄養分をよく吸収し、心や頭脳は新しいものを吸収します。 気力や体力も満ちていくので、新たな基盤を作っていくことに適した生産的な時期です。 美容・健康面では栄養を与えるケアがオススメですが、食べ過ぎた分も吸収されやすいので注意が必要です。 満月 満月は“収穫”の時期です。 骨盤は最も開き、エネルギーがピークに達し、血液の巡りもよくなり、栄養や酸素などが体を巡り日々の活動も活発化します。 また、今までの結果がハッキリとあらわれやすいので、その状況からやり方を見直したり、物ごとのバランスを取り直すなどをするといい時期です。 また、出血が多くなる日とも言われているので、手術や抜歯などの治療には向いていません。 下弦の月 欠けゆく月の時は、排泄や解毒の作用が高まる時期です。 骨盤は新月に向けて締まっていきます。 この時期はエネルギーを回復させるという循環が必要です。 新月に近付くほど、排出作用がある時なので、身体の毒出しや、清掃や消毒、断捨離や洗濯などに向いています。 満月で見直したものを手放す作業は、ぜひこの欠けゆく月の時にやりましょう。 また、乾燥、固定などの作用もあるので、手術や治療などはこの時期に行うといいと言われています。 このように、古来から月の光は人間にとって生命や生活に大きな影響を与えてきました。 自然界にあるものは、常に一定のリズムで変化しています。 日が昇り、沈むまでの一日のリズムや、月の満ち欠けの周期、変わりゆく季節の流れ。 そんな、偉大な自然の力の中で、私たちは生活しています。 一日たりとも、同じ形でとどまることのない夜空の月は明日、10月28日(月)12:38にさそり座の位置で新月を迎えます。 新月は始まりのときです。 さそり座新月から、満月に向けて“なりたい自分”をイメージして、月や骨盤を意識する生活をはじめてみてはいかがでしょうか。 フィットネス整体カラダラボ 代表 小菅みゆき
healthy

腰の痛みは動いて治す!?腰痛に効くストレッチ方法!

日本国内で80%以上の人が経験していると言われる腰痛。 腰痛が起こる原因の一つに姿勢があります。 長時間のデスクワークやスマホの操作で骨盤が後傾して、背中を丸めた猫背や前屈みの姿勢を取っていると、腰に想像以上の負担がかかります。 この負担を私は一時的には問題ありませんが、日常的に積み重さねるとベルトの位置辺りの第4腰椎と第5腰椎の間にある椎間板と背中の筋肉を中心に疲労が蓄積していきます。 椎間板とは背骨を形成する骨と骨の間にあるクッションのようなものです。 中央に髄核というゼリー状の物質があり、その周りを線維輪という組織が取り囲んでいます。 骨盤が後傾させ、猫背や前屈みの姿勢を長時間取っていると椎間板に強い圧力がかかり、髄核が背中側にずれやすくなります。 放っておくと髄核が線維輪を突き破り神経を刺激している状態になることもあります。 それが椎間板ヘルニアです。 椎間板に負担がかかり、疲労がたまっていくことで、これらの問題が起こりやすくなります。 椎間板ヘルニアを防ぐには、腰に溜まった負担を毎日リセットすることが大切です。 骨盤の後傾を解消し、後ろにずれた髄核を正しい位置に戻し、凝り固まった背中の筋肉の血流を改善することで、腰痛を防ぎ、症状を改善しましょう。 目安はデスクワークが長引いて腰にだるさを感じたときに席から立ちあがり一度やってみましょう。 立ち上がって呼吸を整えます。 息を吸って肋骨から胸を持ち上げるイメージです。 吐きながら右足の足首を右手で持ち上げます。 もう一度息を吸って肋骨を持ち上げます。 息を吐きながら右ひざを後方に引っ張ってゆくように上半身を前傾させます。 骨盤の角度を意識しながら、鼠蹊部を伸ばし、骨盤と肋骨を引き離していきましょう。 息を吸いながら元の位置に戻り足を下ろします。 反対側も同様に行いましょう。 片足立ちが難しい方は空いてる手を壁につけると簡単にできますよ。 これだけやれば、本当に効果が出ますのでためしてみてください。 ぜひ毎日の隙間時間に、継続してやってみてください。 フィットネス整体カラダラボ 代表 小菅みゆき
caradalab

フィットネス整体カラダラボの“からだ教室”

こんにちは。 鍼師・灸師・柔道整復師・スポーツトレーナー・アロマテラピーアドバイザー・の小菅美由起と申します。 私は、17歳の時にたまたま見た大学のパンフレットに書いていた、「部分ではなく全体を見るのが本当の医療だ」という言葉に共感し医療の大学に行くことに決めてからは、体の勉強を懸命に取り組んできました。 この世界に入って14年目の春。 私の中に夢が生まれました。それは『体の事をもっと気軽に知ってもらいたい』ということです。 日々整体の研究に明け暮れながら、トレーナーとしてたくさんの生徒さんに整体を教えたり、カウンセラーとしてダイエットやパフォーマン向上のお手伝いをしてきました。 みなさんが自由にカラダを動かしている姿に、私は本当に元気をもらっています。 そして、教えてきたほとんどの生徒さんが口を揃えて言うことがあります。 『体が動かしやすく、心もスッキリしました』 『整体って、人にマッサージしてもらうものだと思ってました』 ということです。嬉しい言葉でよろこぶ反面、整体に対するイメージは治らないとか、マッサージや誰かにしてもらうものという常識が存在する事実から哀しさも感じます。 私は、整体は ・健康やダイエット ・自分と向き合う力 ・人を思いやる心 を学べる唯一の健康法だと思っています。 だからこそ「体の事をもっと気軽に知ってもらいたい!」そんな想いでフィットネス整体カラダラボをつくることを決めました。 「ちょっとカラダの相談をしたいけど、どこの誰に相談したらいいのかわからない」という方には、詳しくお話を聞かせていただき解決できるお手伝いをさせて頂きますし、わたし自身、さまざまな症状やカラダの不調について経験したことを生徒さんやお客様とおしゃべりをし共有もしたいです。 整体フィットネスクラブ・カラダラボの最大の特徴、 それは誰でも整体やカラダのことを学ぶことができます。 フィットネス整体カラダラボのメンバーさまはもちろん、飛び入りの方も学ぶこともできます。 リパフォーマンスクラスは自分で自分を整体ができるようになりますし、からだ教室では骨盤矯正を誰かにしてあげることもできるようになります。  たとえば、 ・お母さんからお子様に ・お孫さんからおじいちゃんに ・彼女から彼氏へ ・秘書から経営者に ・自分から自分自身に  といったように整体を誰かにしてあげることが実現できるようになります。 整体って難しい技術や知識が必要なんじゃ、、、 という方でも、安心してできるように少人数でしっかりとお伝えしますので、簡単いつでも誰でもできる整体を学ぶことが可能です。 整体をさせていただいている時や説明させていただく度に思うのですが、整体をしている時間は、日常の生活にリラックスの時間が流れます。 学ぶよろこび、成長の楽しみは今までの常識をほどいてゆきます。 体にまず必要なもの、それは食事でも、運動でもありません。 まず必要になるのは「自分の想い」です。 自分の想い次第で、誰かの役に立つ素晴らしい整体を行え自分自身も整えることができるようになるのです。  大事なのは、想いを理解すること。そして習慣にすることです。 想いを理解すると、カラダの勉強は8割終了したようなものです。 誰かにしてあげたい!自分のパフォーマンスを向上させたい! 新しい習い事でカラダを学ぶことが、健康にとってとても大切なことだと考えています。
beauty

ダイエットに効果的!かんたん体幹トレーニングでお腹を鍛える方法!

体幹とは、頭・腕・脚の部分を除いた胴体部分のことです。動きの軸となる背骨は、前後左右に湾曲できる他、回旋の動きが加わり、とても複雑に動きます。 体幹を胸郭部・腰腹部・骨盤部の3つに分けて見てみると、胸郭部には後面の12個の胸椎と左右の側面に12対の肋骨と前面に胸骨があります。また骨盤部には後面の仙骨・尾骨と左右に大きく展開する頑丈な寛骨(腸骨+坐骨+恥骨)がありますが、腰腹部の骨は、後面の5つの腰椎しかありません。 イラスト 腰腹部の支えは、腰椎の他は胸郭と骨盤を結ぶように付着する筋・筋膜・腱があり、柔らかい内臓を支えています。 このため、体幹トレーニングでは特に腰腹部の筋肉をトレーニングすることが重要となります。 体幹を鍛える最初のステップは、呼吸です。 正しい呼吸とは、鼻から大きく吸って口から強く吐く、風船をふくらませる時の呼吸のイメージです。 腹式呼吸も胸式呼吸も同時にできるので、腹式呼吸でインナーマッスルが鍛えられ、胸式呼吸で肺に多くの空気が入る事で胸の関節や肩甲骨が伸縮して胸郭の可動域が広がります。 この方法を覚えることによって、腰椎を軸に腰腹部を一周する筋肉の壁をつくることができ、まるで頑丈なコルセットをしたような状態になり、四肢を動かすときに安定性が得られます。 この方法で鍛えたい主な筋肉は、横隔膜、A 多裂筋(たれつきん)、B 内腹斜筋(ないふくしゃきん)、C 外腹斜筋(がいふくしゃきん)、D 腹横筋(ふくおうきん)、E 骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)です。 イラスト これらの筋群は、比較的深層部にあり、姿勢の維持に働く筋肉です。 鍛えるといっても意識して呼吸をするだけですが、これらの筋は練習しないと上手く連動させて収縮することができませんので、無意識にできるようになるレベルまで何度も練習する必要があります。 呼吸は1日に約2万回すると言われています。強く長い呼吸で体幹を覚醒させて、メリハリボディを目指しましょう。 フィットネス整体カラダラボ代表 小菅みゆき
caradalab

JR尼崎フィットネス整体カラダラボで体を整え、正しく動かしポッコリお腹のお悩み改善

ポッコリお腹で悩んでいませんか? 「あと少し、このお腹がへこんでくれたら、、、よし、腹筋を頑張るぞ!!」 と思った方、そこには意外な落とし穴が。 実は、腹筋のやり方次第では、内臓が下に落ちやすくなってしまったり、気管に負担をかけてしまったり、お腹がへこむどころか、逆効果になってしまう可能性が大きいのです。 また一般的なの腹筋運動は、「縮める腹筋」です。 寝転がって上半身を起こすやりかたです。 実は腹筋は、解剖学的にも筋の硬さから見ても 腹筋は伸びる力のほうが、縮める力よりはるかに強いのです。 さらに、縮める腹筋は、腹筋を縮めて背筋を伸ばすので、腹筋本来の役割に反した使い方をします。 非合理的なトレーニングなので、疲れる割に効果は望めません。 気になる「ぽっこりお腹」には、皮下脂肪や内臓脂肪だけではなく、あまり筋肉を使わない生活を続けていると、筋力の衰えが進行。 そのうち体が押しつぶされ、綺麗な姿勢を維持できなくなります。 そして最終段階が、 骨盤は後ろに倒れ、背中は丸く猫背になります。 すると腰が落ちて、胸はつまり、顔は前に出て、ついにはお腹が飛び出して、そこにどんどんお肉がたまっていくのです。 そろそろポッコリお腹とサヨナラしたい方、正しいお腹の鍛え方をマスターして、確実な改善をしていきましょう!
healthy

腰痛解消の秘訣!誰でもかんたん骨盤の角度と正しいイスの座り方

こんにちは。 フィットネス整体カラダラボ代表の小菅みゆきです。 今回はデスクワークで役立つ椅子の座り方をお伝えします。 椅子に座った状態で、骨盤の角度を意識することで、正しい姿勢で座ることが出来ます。 骨盤の正しい角度を理解し、どうすれば正しい姿勢になるのか理解する必要があります。 まず、椅子に座った姿勢で、意識して肩、膝の位置が左右水平になっている姿勢を作ります。 その時に骨盤は左右水平になります。 そして、椅子に座った姿勢を横から見た時に、頭の位置が膝と股関節のちょうど中間にあり、下腹部に力が入り、腰を反らせていない状態が骨盤正しい角度です。 長時間、骨盤の角度が後傾している状態では身体に負担のかかる姿勢で椅子に座っているということです。 休んだり、止まったりする際は後傾でもかまいませんが、動く時には骨盤が前傾であることが重要です。 デスクワークなどで、骨盤が後ろに倒れ、背中を丸め、釣竿の様に頭をぶら下げて椅子に座っていると骨盤に負担がかかります。 正しい姿勢を知らずに、負担が積み重なり腰痛、肩こり、疲労などの不調を感じるようになります。 姿勢が悪いと自覚がある場合はすぐに骨盤の角度を正し座り方を変えましょう。
 また、骨盤はボディラインにも影響します。 骨盤の角度が正しい座り方をせずに、身体に負担のかかる姿勢を続けていると、骨盤の上に位置する内臓が下がり、骨盤の中に内臓が集合してしまう状態になります。 その結果として代謝や血流が悪くなり、太りやすい体型や下半身太りを引き起こしてしまいます。 逆に、正しい骨盤の角度で座り方をすることでダイエット効果も期待できるのです。 
 正しい椅子への座り方 骨盤の角度が後傾していたり、身体に負担のかかる姿勢で長時間椅子に座り続けると、身体にいろいろな不具合が出てしまうことが理解できたと思います。 ここでは正しい椅子への座り方のポイントを紹介します。あなたも椅子に座る前に思い出して、身体に負担のかからない姿勢を意識してください。 椅子に座る時に、両腕を前に45度持ち上げます。 大きく息を吸い肋骨を引き上げます。 吐きながらお腹を意識してお辞儀をするように前かがみになり、お尻を引いて座ります。
座った時に上半身を前後に傾けて座骨が椅子に当たっている事を意識してください。
 骨盤の角度を意識して座ることで、身体への負担も軽減され理想的な正しい座り方が出来ます。
 いかがだったでしょうか、骨盤の角度を正しく理解して正しい座り方をすることで、姿勢も美しくなり、腰や全身への負担が少ない姿勢になります。 毎日気づいたときに実践して続けてみてください。