2018年5月15日は牡牛座の新月。革命前夜の影響と過ごし方と新月の願いごと

kosugamiyuki

おはようございます。コスガミユキです。

みなさんお体ご自愛してますか。

さて、5月16日に大惑星・天王星が収入と豊かさを司る牡牛座に移動し、世の中に“収入革命”が起こり始めます!

その前夜、5月15日は新月です。

 

5月15日の新月が叶えてくれること

この日、牡牛座で新月をむかえます。
12星座の中で、お金・収入を象徴する星座はずばり牡牛座と蠍座の2つだけ。

具体的には、

「収入・財産を増やす」
「才能、センス、感性をお金に換える」
「豊かで快適な毎日を送る」
「スタートしたものを安定路線にもっていく」
「衣食住のクオリティを高める」
「人生のあらゆる豊かさを味わう」

といったことにスポットライトがあたり、願いが叶いやすくなります。

しかも「天空のサンタクローズ」の異名をとるラッキースター・木星(現在蠍座を運行中)が、最高の形で効いてくるのがこの新月なんです。

牡牛座新月と蠍座木星が表すのは、まさに「恵まれた生活」そのもの。

牡牛座の月が表すのは、その人その人が持って生まれた才能やセンス。

五感。

それが自然な形で、生涯のキャシュフローになる。

当たり前のようでいて、今まではそうではなかったかもしれません。

これからは確実に好きなことや自分の個性で自分らしく生活できると私は確信しています。

大きな豊かさを運んでくる牡牛座・新月に「私は〇〇することを意図します」と力強く自分の意志に気づくことを忘れずに。

願いごとも「明確な目標や夢」を書きだす事に意識を置いて下さい。

どこからどこまでが「現実的」なのかは人によって感覚が異なるとは思うのですが、突拍子もない夢や空想を想い描くのでなく、既存の文明や社会で達成できる夢や目標を願いごととして書き出しましょう。

 

5月16日の早朝は太陽、月、水星、天王星と4つの星が牡牛座に。

この日7年ぶりに星座移動する天王星は、自由と革命の星です。

牡羊座的な衝動の世界から、牡牛座的な感覚の世界へ。今まで突発的に起こっていたような変化がグッと現実に意味あるものとして機能し始めるかもしれません。

今までは「よくわからないけど何か変えたい。変えなければならない」という衝動に突き動かされていた人々の意識が、「こういう実感を得たいからこの部分を変えていきたい。」と、行動の出所となる理由や変化を起こしたい部分が明確になってきそうです。

5/16から5/18まで月は双子座に滞在。

しかし夢とロマンの星である海王星からのプレッシャーがかかり、前に向かって行動したいという気持ちと、ぐるぐると自分のなかで巡る感情の板挟みになるかも。

劇的な星の流れを通過した後ですから、動きたい衝動をすこし脇に置いておいて、ゆっくり過ごすのもいいでしょう。

5/18~5/20まで月は蟹座に滞在。

5/19には愛と美の星である金星も蟹座に移動します。

蟹座は「家庭」や「ホーム」をつかさどる星座。通常では自分の世界に閉じこもってリラックスしていきたいところなのですが蟹座の月に蠍座の木星、魚座の海王星がそれぞれ120度、さらに真向かいの山羊座の冥王星が180度の位置で関わり、蟹座、蠍座、魚座の「感情」をつかさどる水の星座チームに山羊座的な現実面での行動力がもたらされます。

しかもそれを与えているのは破壊と再生の帝王である冥王星。

自分の内に溜まっていた感情、今まで見て見ぬふりをしてきた自分の内側の思い。そういったものを外に吐き出すタイミングかもしれません。

「ずっと、こうしたいと思っていたのに我慢してきた」という事柄があったとしたら、それを少しだけ何かしらの行動に移したり人に伝えてみたりするといいかもしれませんね。

本日も最後まで読んでいただき感謝します。

皆様にとって素敵な新月でありますように。