「薬を飲む理由は何?」西洋薬と漢方薬の効果と特徴

こんにちわ。

聞きなれない言葉や専門用語が多く、難しいものと思われがちな医学

今回は東洋医学の基本、漢方について「薬」という視点から西洋と東洋の考え方についてお話させていただきます。

 

 

漢方薬は日本のもの

漢方は中国の医学と思われがちですが、実は日本で独自に発展したものです。

基礎となっているのは今から2000年以上前に中国で生まれた理論で、それが6世紀頃に日本に伝来し、その後は日本人の体質に合わせて発展していきました。

つまり漢方薬は、長い歴史に裏付けされた安全性や信頼性に加え、日本人にとって効果が出るように改良されてきた薬といえるのです。

その中国では、その後に起こった様々な理論が集合され、現在では「中医学」と呼ばれています。

ちなみに「漢方」と呼ばれるようになったのは明治時代なんです。

その頃、オランダから入ってきた西洋医学を「蘭方(らんぽう)」と呼んだことから、それと区別するために、中国の漢の時代に体系づけられた医学ということで「漢方」と呼ぶようになりました。

 

 

漢方と生薬の違い

生薬とは、長い歴史の中で薬効があるとされてきた植物や動物、鉱物などの天然由来物質のことです。乾燥させたり、酒に浸けたりして用いられるが一般的です。

一方、漢方は2種類以上の生薬を、決められた分量で組み合わせて作られたもの。

それぞれ異なる薬効をもつ生薬を組み合わせることで、薬の効能や効き目の強さなど、最適な効果が出るように設計されています。

さらに、生薬の量を増やしたり、種類を追加したりすると、処方の名前が変わるのも漢方薬の特徴です。例えば、「桂枝湯(けいしとう)」は、桂枝(けいし)・生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)・甘草(かんぞう)・芍薬(しゃくやく)の5つの生薬で構成されていますが、桂枝を増量すると「桂枝加桂湯(けいしかけいとう)」に変化します。

他にも葛根(かっこん)を追加すると「桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)」に変化したりと、生薬の組み合わせや分量で処方の名前が変わるのです。

 

 

西洋薬の特徴

整体 JR尼崎 健康 運動 ダイエット ストレッチ

西洋薬と漢方薬にはそれぞれ長所があり、どちらが優れているということはありませんが、治療という意味においての考え方は大きく異なります。特徴を正しく理解したうえで、今の自分に合わせて上手に使い分けることが理想です。

一言で西洋薬を表現するなら、病名から処方を決める薬と言えます。

西洋薬の目的は、病苦の原因とされている細菌やウイルスをやっつけたり、症状を抑えたりすることが目的です。

消化器や循環器など体を細分化して考え、各分野の専門家が検査・診療を行い病名を決定します。そしてその病名にあった治療薬を選択します。

つまり、熱や痛みをとる、感染症の原因菌を殺す、血圧を下げるなど、症状に対して直接的に作用する薬です。その分、効き目が強く出過ぎると副作用などを感じる場合もあります。

 

 

漢方薬の特徴

漢方薬は、体に備わっている自然治癒力を高めることによって病気とされるものにを治すのが目的です。

体を部分的にではなく全体的に観ることで、全身のバランスを整えて不調を治します。

原因がはっきりしないが調子が悪いと感じる不定愁訴や未病と呼ばれるものであったり、更年期障害などにも対応しやすいのが漢方薬の特徴です。複数の生薬が組み合わさっているため、ひとつの漢方薬で様々な症状に効果を発揮すると言われています。

緩やかに作用するためすぐには効かないと思われがちですが、風邪に使われる漢方薬など即効性があるものもあります。副作用は西洋薬に比べると少ないですが、全くないというわけではありません。

 

 

体を温める

JR尼崎 整体 健康 美容 薬 西洋 東洋 漢方

「薬を飲むことを【内服】といいますが、服装は【外服】であり大事な整体のひとつです。」

例えば、冷えから生理不順や膀胱炎を起こしやすい人は、短いスカートなど下半身を冷やす服装を避ける、風邪をひきやすい人はマフラーやスカーフで首筋を温めるなど、体を冷やさない工夫が大切です。

こちらの『五感で味わう秋 呼吸と感情の関係性』の記事でもお話させていただいてるように、「薬食同源」という言葉があるように、体を温めたり、胃腸を元気にしたりする食材を選ぶことも重要です。

 

 

まとめ

今回はについてお話をさせていただきましたが、

西洋薬であろうと漢方薬であろうと、

「心身の変調や病気を本当に治す」ためには、

どんなに強力な西洋薬を使っても、

最終的に自分で治そうとする力、つまり「自己治癒力」が欠かせません。

このように、漢方薬と西洋薬には異なった特徴があるため、どちらかだけを重視するのではなく、互いの長所を生かして、あなたの目的やケースに応じて上手に使うことも大切です。

 

 

そろそろ体のことが気になり出したあなたへ

JR尼崎フィットネス整体カラダラボ骨盤健康美容予防腰痛肩こりダイエットストレッチ

コスガミユキのレッスンやカウンセリングを体験できる

フィットネス整体caradarabは、

整体を中心とした今からでも間に合って人生のパフォーマンスを格段にあげる様々プログラムを

届けするJR尼崎にある健康・美容・予防のカラダ教室です。

『フィットネス整体caradalab カラダラボ』詳細はこちらからどうぞ。

 

ページ下の『お問い合わせフォーム』に寄せられた質問には全てお答えさせていただきます。あなたの悩み・疑問をコスガミユキにぶつけてみませんか?