五感で味わう秋 呼吸と感情の関係性

JR尼崎 整体 健康 フィットネス 秋 五感

おはようございます。コスガミユキです。

気温が下がり、台風も起こる頃、徐々に夏から秋へと変化を感じます。季節の変わり目は早めに身体を自然の流れに調和させて、いつも穏やかで健やかな心身を整えておきましょう。

みなさんはどんなことで秋を感じますか?

私は「キンモクセイの香り」でした。

人に尋ねてみると、ウロコ雲虫や鳥の囀り食べ物でという方も多かったかな。

香りとなると嗅覚。なにかを見ての視覚。音は聴覚。風などは触覚。そして、秋の味覚。

五感で感じる中にも、嗅覚は脳に直結しているから本能的になります。

 

東洋医学における「秋」

五感 秋 東洋 医学 整体 フィットネス 健康 美容

万物を構成する自然の五元素「木火土金水」で、秋は「金」と考えられています。自然界の中では「雲」の役割をしていて、空気や水分の循環とフィルターなどバリア機能を担っています。人の身体でいうと、肺や大腸と対応していて、呼吸や水分代謝・免疫機能に大きく影響しています。

 

 

肺を傷める気持ち

中国最古の医学書『黄帝内経』には「憂傷肺=憂(悲しみやうつの状態)は肺を傷める」と記述されています。

現実を受け入れられない時、「憂」が起こります。肺気が不足し、不安定な時は喪失感を伴った悲しみが続くと、思考が鈍り、感情が起こらなくなったように感じたり、悲しみを表現できないようになることも。

この言葉は秋の時期になりやすい、不安定な気持ち・からだ。憂うつになったり、なんだかわからない喪失感、はたまたイライラしたり冷めてみたり。秋の時期にはこういったことで、呼吸が乱れ、肺気が不足しやすいのです。

 

 

好きなことで内側からキレイに

秋 五感 整体 健康 呼吸

そんな中、私が使った

鼻は匂いだけでなく、呼吸を左右する、つまり全身の状態を左右します。

「森林の中に入るとすぅーと呼吸したくなる」「美しい景色を観てわぁーと胸が躍る」「お風呂に浸かってはぁーと言いたくなる」「お酒を一口飲んでくぅーと喉を鳴らしたくなる」

ホッとした時、また感動するようなことって呼吸をしたくなる。素直で純粋な一つ一つの感動がこの秋のカラダの一番素敵な整え方かもしれません。

 

 

薬食同源で秋を感じる

陰陽五行の「金」に対応する色は「白」です。肺の不調や機能が弱まっている人は皮膚や顔色が「白い」とされています。

薬食同源の考え方では、基本的に「旬の食べ物」「土地のもの」が良いとされ、この時期にオススメの食材は「白」や「辛み」のあるものです。大根、ねぎ、れんこん、かぶや、ミソ、ニンニク、生姜、パクチー、秋に収穫を迎える米などです。

「要は気持ちよくカラダをつかうこと」。「頑張らなくちゃ」「やらないと」と躍起にならなくても、例えば周りにいる人がちょっと気持ちよくなれるように振る舞うだけでも、自然と呼吸は整うのです。

コスガミユキが秋の食材と健康について語った『旬の食材 身体に現れる効果』。動画が観たい方はコチラからどうぞ!