変形性膝関節症かなと思った人へ

変形性膝関節症とは、関節の軟骨がすり減ったりして、痛みや腫れが起こり、

それが続くと関節の変形をきたす病気。と言われている。

聞いたことはあるけど、自分には関係ないと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、最近ツイッターでも話題になっている

変形性膝関節症について独自の観点でお話させていただきます。

 

 

変形性関節症って、何?

軟骨という名前は聞いたことがあると思います。

コスガミユキが、現代人の美と健康に役立つ情報をお届けするYouTube番組「アートマンチャンネル」。『【旨辛チキン】あなたは何のために料理をしていますか』では、「軟骨」についてを語っています。

軟骨とは骨と骨との間にあって、クッションの役割や滑らかな動きを可能にしている組織です。

変形性関節症では、その軟骨がすり減り、滑らかな動きができなくなり、大きな摩擦を生じるようになると考えられています。この状態から、軟骨などの組織のかけらによって関節の内側にある滑膜に炎症が起こったり、水(関節液)が溜まって腫れたりすることもあります。

変形性関節症は、関節に痛みや腫れが起こり軟骨の下の骨が硬くなったり、骨棘(こつきょく)という突起ができたりして、関節の変形が起こったりします。

さらにこの状態を放置していると、関節の動きが悪くなることもあります。
はじめのうちは動き始めなどの限られた時に関節に痛みを感じるだけなので、受診せずに放っておく方も多くいらっしゃいます。

 

 

変形性関節症が起こりやすい関節

変形性関節症は全身のあらゆる関節に起こると考えられています。

そのなかでも、特に症状を起こすと日常生活が不便になるのは、カラダを支え負荷がかかりやすい膝、股の関節、背骨の腰の部分などです。

それぞれ、

  • 変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう、へんけいせいひざかんせつしょう)
  • 変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)
  • 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)

と呼ばれています。この他にも手指の関節にも変形性関節症は起こり、指の変形の原因にもなります。もちろん、首や足の指、肩、肘などの関節にも起こります。

ここまでは今までの常識的な一般的な内容をお話しました。

次は実際に医療機関を受診され変形性関節症と診断された方のアンケートをみてみましょう。

 

 

痛みによる日常生活への影響

変形性膝関節症に伴う痛みで日常生活にどのような影響があるのか?塩野義製薬(大阪)と日本イーライリリー(兵庫・神戸)が実施した調査によると、以下の結果となりました。(調査対象:20歳以上男女/医療機関で変形性関節症と診断され、現在治療中または治療を行っていた人、且つ医療機関を受診した際、変形性関節症による痛みの症状が膝にあった人)。

変形性膝関節症

出典:「変形性関節症の痛みに対する患者・医師の意識・実態調査」塩野義製薬、日本イーライリリー

• 1位:立ち上がる、しゃがむなどの動作(65.3%)

• 2位:階段の上がり下がり(64.1%)

•3位:正座(60.9%)

•4位:歩行(55.4%)

• 5位:運動や体操(38.6%)

•6位:起床(25.0%)

•7位:トイレ(21.1%)

• 8位:掃除・洗濯(20.5%)

•9位:買い物(19.8%)

•10位:仕事(16.1%)

•11位:着替え(11.8%)

•12位:入浴(11.0%)

•13位:趣味(10.5%)

•14位:睡眠(8.1%)

•15位:料理(7.2%)

•16位:食事(1.2%)

•17位:その他(1.9%)

• 18位:特になし(3.3%)

 

受診までにかかった期間、半数が3カ月以上

痛みを感じてから実際に医療機関を受診するまで約半数の人が3カ月以上かかっており、そのうち7.4%は3年以上も経過してから受診している。

変形性膝関節症

出典:「変形性関節症の痛みに対する患者・医師の意識・実態調査」塩野義製薬、日本イーライリリー

 

受診までに時間がかかった理由

では、なぜ受診するまでに時間を要したのか?理由は次の通り。

変形性膝関節症

出典:「変形性関節症の痛みに対する患者・医師の意識・実態調査」塩野義製薬、日本イーライリリー

• 1位:そのうち痛みが治まると思ったから(41.5%)

• 2位:痛みがずっと続くわけではなく、治まっているときもあったから(38.7%)

• 3位:医療機関を受診するほどの痛みではなかったから(22.6%)

• 4位:年齢的な体の衰えや運動不足などが原因で、疾患だと思わなかったから(22.1%)

• 5位:医療機関を受診する時間が取れなかったから(12.0%)

• 6位:サプリメントなどで対処できていたから(5.5%)

• 7位:その他(6.0%)

• 8位:特に理由はない(6.0%)

 

いかがでしょうか。

あなたも、そのうち痛みが治まると思ったり、年齢的だと諦めていませんか。

では、次にツイッターの投稿を見てみましょう。

 

 

twitterの変形性膝関節症に関する投稿

ネット上の投稿を観察していると、

膝の痛みの理由がわからず何々症と病名をつけたり、

自分が納得できるための理由を探している人も少なくないと感じました。

言わせていただきますけれども、

名前がわかって理由がわかって治るんですか。という話ですね。

せっかくなんで、ここで変形性膝関節症の言葉を分解して考えてみましょう。

まず【変形性】という言葉ですが、これは「形が変わってきてるようだ。」ということですね。

次に【膝関節】は、「痛みを感じていると訴えている場所は膝の関節付近だ。」

そして【】なんですけども、これはよく耳にする言葉だと思います花粉症とか、依存症とか、

しかし、どのような意味があるかご存知の方は少ないと思います。この「そんな風に感じてるそうだ。」

ネーミングなんてこんなことなんです。

これを繋げると、

「痛みを感じていると訴えている場所は膝の関節付近で、レントゲンや検査の結果大きな外傷や病気が存在してる訳ではないし、形が変わってきているし、痛みを感じてるので『変形性膝関節症』です。」

という感じ。

さらにいうと、そこに「本態性」とつけて【本態性膝関節周囲炎】とかにすると、

なぜかはわからないけど

「膝関節の周りが炎症起こしてるっぽい!」っていう難病とかになってくる。

割と医学もこうしてみるとシンプルな考え方だと思いませんか。

実は、膝の変形は誰でも一度と言わず、ずっと行われているんです。

  • 子供のころ成長したのも変形。(形変わってる)
  • どっかにぶつけて、ボコッとなったまま。(変形)
  • 昔より脚が太くなってる。(変形かもしれないし、ただ太っただけかも)

つまり全身の骨の代謝(入れ替わり)は毎日行われていています。

変形性膝関節症

古い骨から新しい骨へと生まれ変わる。血液や皮膚と同じように新陳代謝が行われています。

この骨代謝は、骨芽細胞によって骨が作られ、破骨細胞によって骨がこわされていくという形成と吸収の2つの活動によって成り立っているのです。この2つの活動は密接に関係しながら働き、このサイクルにより、より良い状態をキープしようとしているわけです。

1つの骨が全く新しい骨に変わるのには3~4ヶ月、全身の骨は約3年でまったく新しいものに入れ替わると言われてます。

極端な話、今日の骨は昨日とは違うのです。微々たるものは気付きにくいですよね。

だからこそ、自分のカラダもあるがままに観察することが大切です。

空の雲が動いているように、月が満ち欠けするように、わたしもあなたのカラダも常に動き新しいものにどんどん生まれ変わっている。

高齢になるから変形するじゃなくて、元々変わり続けている。どう変わるのかを自ら決めた時、痛みは出ないもの。

痛みは気づかない人に出すカラダのサインだから。

コスガミユキが、現代人の美と健康に役立つ情報をお届けするYouTube番組「アートマンチャンネル」。『【不思議】膝の痛みを消す!?「ひとり整体」Part 1 』では、「膝の痛みを解消する方法」を見たい方はコチラからどうぞ。