【2018年9月25日おうし座満月】心機一転わたしが、満ちていくタイミング

kosugamiyuki

2018年9月25日11時52分頃、おうし座の位置で満月を迎えました

  • 23日【秋分の日】
  • 24日【中秋の名月】
  • 25日【おうし座満月】

まさに完成と結実であり同時に次へのスタートであり、この半年間がギューっと凝縮されたような3日間でした。

 

 

満月は振り返り・手放し・感謝の刻

full-moon

「スタートする・目標を立てる」は、新月のとき。

満月は完成した真ん丸お月さまを眺めるように、ゆっくり「振り返る」時間です。

満月のときに意識すると良いこと

  • 振り返る・見直す
  • ないものではなく「いまあるもの」に感謝する
  • 許す
  • 手放す
  • デトックス(毒出し・浄化)

たとえば、

  • ・部屋の掃除をする
  • ・書類やデータの整理をする
  • ・岩盤浴・サウナなどでデトックスする
  • ・食事や入浴に時間をかけてリラックスする
  • ・マッサージに行く
  • ・身体のメンテナンスをする

──などは、満月のときにオススメです。

 

 

【おうし座満月】からのメッセージ

full-moon

もともと成長意欲・上昇志向がとても強い「おうし座の満月」が天をまっすぐに見上げています。

「いまここにいる・いまここにある」ありのままの私で、どこまで跳べるか。やってみたい自分への挑戦。ただそれだけ。

たとえ目で見えなくても、私たちの「魂」に呼応するかのように宇宙彼方で「おうし座満月」が輝きます。

 

 

おうし座の信条

full-moon

おうし座は、12星座の1番目で「火=情熱」のエレメント「活動宮」のサインです。

1番目=この世に誕生したばかり、《生まれたての赤ちゃん》のおうし座にとって、この世のあらゆるすべてのことが「初体験」。

過去の事例(比較検討する材料)が一切ない状態ですので、ためらったり迷ったりする意識自体がありません。

後ろがないんだから、前へ進むしかない。「過去の経験値」がないんだから、「希望」と「期待」しかない。

おうし座の辞書に「過去」「比較検討」「リスク」「不安」という言葉はありません。とにかくやってみる、前進あるのみ。「当たって砕けても、やらずに後悔するよりはマシ 」それがおうし座の信条なのです。

  • ただただ、ミルクを求める。
  • ただただ、泣き叫ぶ。
  • 「食べられるのか・美味しいのか」わからないけど、口に入れる。
  • 「あってるか・あってないか」わからないけど、前へ前へ突き進む。

生後間もない赤ちゃんに「理屈」や「根拠」はない。内なる衝動欲求(本能)に従うのみ、きわめてシンプル。「どうなるか」「うまくいくか」よりも「前進すること」「挑戦すること」自体に意義がある。

「わたしはこれが大好き」「いまの自分が欲していること」にこそ答えがある。

 

─── 明日が来ないかもしれない。それくらいの密度で「今日」を生きよう ──

 

 

自分に挑戦するあなたに

full-moon

今年の4月頃 ~ 激動の夏(7月・8月)まで、およそ半年間にわたって試行錯誤してきたこと。

その成長を讃え、労わり、優しく癒してくれた「うお座満月」(8月26日)。

そして、充電エネルギーが満タンになった「おうし座満月」(9月25日)。

2018年の秋分から2日後のタイミングで起こったおうし座満月は、未来を見上げる私たちに「勇気 」を与えてくれるはずです。

いまここにいる、いまここにある、ありのままの私、どこまで跳べるか、自分への挑戦をはじめよう。